M&Aという言葉を耳にするが、いまいち意味が分からない。かといって、いまさら誰かに聞くわけにもいかない。そういう悩みを抱えている方は、この記事を読むことでM&Aの目的や仕組みなど、その概要について知ることができます。

M&Aを行う目的・動機

M&Aで買収する側の目的とは

M&Aによって企業を買収する目的の一つが事業の拡大です。ニーズに沿った企業を買収することで事業の多角化やシェアの拡大を進め、さらなる成長を目指すことができます。自社に足りない人材や技術を補うことは、弱体部門の強化にも有効です。川上産業や川下産業を買収すれば、シナジー効果も期待できるでしょう。新たな事業を立ち上げるためには、人件費や時間などの多くのコストがかかります。そこでM&Aによって企業を買収することで、時間や手間をかけることなく新たな事業が得られることもM&Aのメリットです。0からの新規事業の立ち上げは投資した金額を回収できないリスクもあります。企業を買収すれば人材やノウハウを引き継げるので、投資リスクの軽減という意味も持っています。

M&Aで売却する側の目的とは

後継者がいないことを動機として企業を売却するケースもあります。高齢となった経営者に後継者が見つからず廃業となり、企業が持っていた技術やノウハウが失われることは大きな損失です。M&Aを活用して会社を買い取ってもらうことができれば、技術は無駄にならずに済みますし、従業員の雇用を守ることにもつながります。資金の確保もM&Aを活用する目的の一つです。様々な分野に進出し事業が多角化している企業も多いですが、人材や資金が分散してしまい、思うように発展させることが難しくなります。そこでメインとなる事業を残し、それ以外の事業を事業譲渡として売却することで、特定の事業に集中して経営することが可能になるのです。大手グループ企業が再編のために事業を売却するという例も見られます。