M&Aという言葉を耳にするが、いまいち意味が分からない。かといって、いまさら誰かに聞くわけにもいかない。そういう悩みを抱えている方は、この記事を読むことでM&Aの目的や仕組みなど、その概要について知ることができます。

M&Aのメリット・デメリット

短時間で事業拡大ができる点などがメリット

買主サイドから見たM&Aのメリットとしては、弱かった部門を強化できるという点です。M&Aによってその対象企業しか持っていないような技術や知識などを取り込む事ができるので、既存部門の強化が期待できます。また新規事業を立ち上げる場合と比較するとM&Aは、短期間で事業を拡大する事ができるというメリットもあります。新規事業を立ち上げるには多額のコストがかかる上、社員教育や企業組織の構築などにも時間がかかってしまいます。しかし、M&Aは行えばコストをかける事なく、速やかな事業展開が実現しやすくなります。一方、売主サイドから見ると、社員の雇用が守れるというメリットがあります。優良企業とM&Aを行えば、その企業の下で社員の雇用を守る事が可能なだけでなく、給与や福利厚生などの処遇が改善される事も期待できます。

会社の機能が低下するなどのリスクがある

買主サイドにおけるM&Aのデメリットとしては、会社が機能低下に陥ってしまう可能性があるという点です。買収した企業から経営陣が入ってきた場合、元々の社員との関係性が上手くいかずに会社がうまく回らないといった事が生じる事もあります。また予想していたほどの利益が得られなかったり、社員のモチベーションが下がる事で利益が低下してしまうという可能性がある事もM&Aのデメリットな点と言えます。他にも、デメリットな点としてはM&Aの後に明らかにされていなかった問題が発覚したり、企業の方針に不満を感じて貴重な人材が退職してしまうなどもあります。一方売主サイドから見ると、M&Aは異なる企業風土が一緒になるという事でもあるので、うまく融合するのに時間がかかるという点がデメリットと言えます。