M&Aという言葉を耳にするが、いまいち意味が分からない。かといって、いまさら誰かに聞くわけにもいかない。そういう悩みを抱えている方は、この記事を読むことでM&Aの目的や仕組みなど、その概要について知ることができます。

M&Aの基本情報

そもそもM&Aとは何を指す言葉なのでしょうか。企業はどうしてM&Aを行うのでしょうか。ここでは、M&Aの基本的な仕組みを理解するとともに、M&Aを行う目的やそのメリット・デメリットについて確認していきます。

M&Aの例

M&Aは、友好的に行われるものと敵対的なものの2つに大別されます。それぞれのケースを詳しく見ていくことで、M&Aについてより具体的なイメージをつかんでいきましょう。さらに、M&Aを仕掛けられたときの対抗策についても確認していきます。

友好的M&Aの例

友好的M&Aでは譲渡側と譲受側が、対等な立場で条件交渉し吸収合併を図ります。そして、関係者の双方が事業の引継ぎ後に、M&Aの実行に納得できるものです。双方が納得ずくで行いますが、譲渡側の株主や従業…

敵対的買収の例

現代ビジネスにおいて、企業間のM&Aは増加傾向にあります。買収側の観点からは法整備などによりM&Aが仕掛けやすくなった事、買収しようとしている企業の最新の技術を時間をかけず手に入れようという流れが…

敵対的買収への対抗策

敵対的買収は個人株主などから株を買い集め、多数派となって議決権を持つことで達成されるのが一般的です。これを防ぐため、あらかじめ経営幹部によって多数の株を保有して議決権を奪われないようにするのが一般…